slam dunk

昔のアニメをあらためて見返しました。古いアニメの描写だけど、おきまりのギャグでは今でも笑えます。物語はもちろん、キャラクターの魅力がつまった作品なので次第に引き込まれていくのも最後まで見てしまうポイントです。
定番ですが、三井寿が不良たちとバスケ部を潰しにやってきたと思ったら実は自分もバスケ部で、怪我した自分ぬきで楽しそうにバスケをしている後輩がむかついてましたってゆう最低っぷりからのバスケがしたいですの流れが大好きです。いやいやそんな簡単に騙されない…お前は悪いやつ…と思いながらもバッサリ髪を切ってビジュアルがかっこよくなるとまんまとウェルカムしてしまいます。元々が天才でさらっとバスケがうまいところ、宮城ともなんとなく打ち解けちゃうところ、仲間としてどんどん関係が深まって行く描写が青春!て感じでたまりません。
昔のアニメながら躍動感が感じられるシーンも多く、県大会だけじゃなくて全国版も今からでも製作してくれないかなあと思いました。
またアニメの醍醐味のオープニング、エンディングの曲が激アツです。今はアニメの主題歌などさほどお金をかけない風調で、オープニングとエンディングのどちらかしか曲がないこともありますが、スラムダンクにつかわれてる楽曲はハズレなしで聞くたびにわくわくしてしまいます。しつこいようですが、三井寿の登場と同時に訪れるWANDSの世界が終わるまではがキャラソングなのかってくらい雰囲気もあって大好きです。若い頃は三井寿一択でしたが、大人になってから見ると宮城くんや敵のチームの登場人物の魅力も感じられる、これからも何度もみかえしたいアニメだなあと思っています。私の今一押しのアニメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です